気まぐれ花筏の雑記帳



お知らせ

kimagurehanaikadaの娘の春美と申します。

突然のお知らせとなりますが
母が5月13日 午後 6時12分に永眠しました。

4月1日に母が体の不調を訴えたため、
救急車に乗せ病院へ向かっておりましたが
その最中に意識がなくなり、
集中治療室において処置をし母も頑張っていたのですが
そのまま意識が戻ることなく帰らぬ人となりました。


母からはネット上に友人を作ることができ
blogのコメントやメールだけでなく、携帯や手紙のやり取りなどで
多岐に渡って交流することでき、たいへん喜んでおりました。
娘の私から見ても、
仕事を辞めてから親族以外との交流がなくなっていた日常に対し
皆様との交流によって潤いを持たせられていることが
はっきりと感じられました。

ネットを通した交流だけではなく、実際に会ってお話をされた方も
いらっしゃるかと存じ上げます。

本来であれば、お一人お一人に直接メール等にて
お礼を申し上げるべきところではございますが、
全ての方のご連絡先を私の方で把握する事が困難なため、
母のblogを通して御礼を申し上げます。

母の人生に笑顔を与えてくださった皆様
誠にありがとうございました。
[PR]
# by kimagurehanaikada | 2013-05-18 00:34

早い 開花

母が又肺炎になったと 病院から連絡があった旨
旅行先の兄から 電話が来た。

電車で病院に向かう沿線の桜も ほとんどの木が咲き始めている。

咲いた 咲いた 桜が咲いた ・・・

子供の頃の思い出を語るとき
母は 尋常小学校の教科書の 一節を繰り返し聞かせてくれたものだった。

急に桜が咲き始めたので、上野公園や花見客を当て込んだ お弁当やさんが
大慌てで 準備を始めた様子を テレビが何度も繰り返し 流していた。

病院に着くまでの時間 取り止めも無いアレやコレやの 思いがよぎる。

婦長さん(今は呼び名が違うけど)の話によれば
前に罹っていた肺炎が 治りきっていない所に 今回又肺炎をおこした。
口から食事を取る事を 第一に考えているけれど
熱が高く (39℃台) 食事を食べなくなったので 
已むを得ず、抗生剤を入れた点滴をしている。
コレで効果があったとしても、先は知れている(こういう露骨な表現は しなかったけど)
と言うようなお話であった。

でも 私と姉が見た限りでは それ程悪そうには見えないんだよね。
しかし プロが言うんだから そうなのかしらねぇ
4月6日は 父の13回忌をする予定で 下関から長姉が上京してくる。
先走って考えてもどうしようもない事を 姉と二人であれこれ考えてしまう。

でもね!っと 思い出した姉が言う。

「あの婦長さん 何年か前にも さもお母さんがもう駄目みたいな事言った事あるよ。
それで 孫たちまでみんな病院に駆けつけたら、見回りに来た院長先生に
皆さん集まって 今日は何事ですか? って言われたじゃない」

お~ そうだった そうだった そんなこともあった。

と言う事は 婦長さんは 早々終了宣言 出すタイプかもね。
二人共そういう結論に達した。

帰宅して 一部始終を息子嫁ちゃんに話したら
「何年か前 今回と同じ事言われて みんなで集まったことありましたよね
私は今度も 大丈夫な気がしますよ」 だって
若い人は記憶力がいい
私は すぐ忘れてしまうから その度に 振り回されて オタオタしてしまう。

今回も 取り越し苦労なら 良いと思う反面
母にとっては どうなのだろう。
[PR]
# by kimagurehanaikada | 2013-03-19 21:54 | 母 介護

春の野に遊ぶ

c0156751_1764177.jpg


なずな(ぺんぺん草) 仏の座 おおいぬのふぐり はこべ たんぽぽ

陽気に誘われて 孫達と 草花を摘んで楽しむ

昔 むか~し 子供の頃に
お友達の家で遊んでいて 何気なく庭に生えていた草を千切ったら
白い乳液が出てきた。
その頃から アホだったんだね 私
ペロッと 何を考えたのか 考えなかったんだね
なめちゃった!
暫らくしたら やたら喉が乾いて お友達に 何度も水を飲ませてって頼んだ。

子供心にも ちょっと異常を感じたけど どうにか収まったので
そのまま親にも話さないずく終わった。

でも 大人になっても その時のことは 忘れることが出来なかった。


孫のために 「日本の野草・雑草」の図鑑を買った時に調べてみた

「トウダイグサ」  有毒植物 と出ていた。

子供は親の知らない所で 何をしているか 分からない。

自分の子供の頃からの事を 考えると
何だか危なっかしい所を 何度もすり抜けて生き抜いてきたような気がする。
[PR]
# by kimagurehanaikada | 2013-03-16 17:06 |

たんぽぽ

c0156751_10184543.jpg


孫娘が おばあちゃんにお土産と言って
学校帰りにタンポポを 摘んで来てくれた。
翌日は ほとけのざ を

どういう訳か 彼女は この花挿しに花を活けるとき
必ず究極まで 茎を短く切ってしまう。

だからタンポポも 落ち首にあったような姿にされても
健気に 昼間は黄色い花をいっぱいに広げて咲き
夜は早々に 花を閉じて眠ってしまう
朝は 私よりお寝坊だけど 目を覚ますと
昼間は 又一人で咲いていた。

でも 今朝は とうとう 起きなかったよ

しかし
不思議でたまらない
直接太陽に当たらないのに 蛍光灯の光だけなのに
何故 昼間と夜が分かるのだろう。
昼間 蛍光灯を消した 薄暗い部屋でも咲いているし
夜 私が電気をつけて テレビドラマを見ていても
寝てるんだよ。

私なら 目が覚めちゃうけどね

こんな小さな花の中にも 自然の運行を感知する力が備わっていて
自然と共に 生きているのかなぁ
そう考えると こんな小さな花さえ バカには出来ない気がする
って 考えすぎかしらね。
[PR]
# by kimagurehanaikada | 2013-03-15 10:18 |

産毛が生えてきたぞ

ある人のブログのコメントに 髪の毛をシャンプーする時
何もつけずに 木綿の手袋をしてお湯だけで洗う と書いてあった。

ダイチャンを出産した時 ママが
助産婦さんから聞いた話をしてくれたことがあった。
それによると
最近の妊婦さんがお産をした時
シャンプーやリンスの匂いがすると言うのだ。
特に○○の(テレビコマーシャルで目にする いかにも髪の毛に良さそうなイメージの製品)
匂いにまみれて赤ちゃんは誕生するとの事

素人考えだけど、頭皮から沁みこんだ洗剤が 体に蓄積して
お産のとき 羊水と共に出てきたのかなぁ?

どっちにしても
もうお産の機会のない私は 洗剤が体の中に溜まってしまうのは嫌だなって 思っていたのね

そんなことも頭にあったから
私も早速真似をしてみたら
なんと 最近は産毛が無くなって 頭皮が透けて見えていたのに
産毛が生えて来たざんすよ。
でもなんとも頼りなげな産毛なので このまま育ってくれるのかが心配 だけどね

写真を載せればいいのだけど
おでこでさえ 余り見せられる代物ではないので・・・
気になった人は お試しあれ! 
[PR]
# by kimagurehanaikada | 2013-03-13 11:31 | 体に良い事


平凡な日常を思いつくままに・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31